越後の走り屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟にもこんなところが

<<   作成日時 : 2017/12/11 09:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 6

中国風の庭園です!
池の向うの門のようになっている感じはそんなイメージで!
画像

確か最初の頃は入園料を取っていたような気がするのですが・・
今は入場無料で自由に散策しても構わないようになっています
画像

鶴と亀が飾ってあるのですが雪で散策する人もいませんでした!
近くにはイベントがあると混む場所もあるのですが
今となっては知る人だけの穴場的な感じの場所になりましたかね。
画像

看板があるんですが読みにくいでしょうか?
「天寿園」と書いてありますが右から左です。(笑)
画像

池には雪がシャーベット状になって溜まっているのですが
正直自分で見ても良く分かりません!
画像

ここにはレストランもあってクリスマスの飾りもありました!
レストランには全然中国風の物はありませんでしたね。(笑)
そういう意味では日本人は西洋でもなんでもこだわらずに受け入れますね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 15
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
建物が中国風ですね。クリスマスツリーは きっと中国でもたくさん見かけると思いますが、お料理は中華料理であって欲しかったですよね。
なーんて、ごちゃ混ぜが日本らしいのかも(*^^)v
ケセラセラ子
2017/12/11 15:29
ケセラセラ子さん、ありがとうございます。
お料理はどちらかというと地元の食材を使って出しているってことで、障害のある方の働く場所としていうことでもあるみたいです。
厨房は見れませんでしたが、お料理等を運んでくれる人もちょっと言葉がたどたどしい人もいらっしゃいました。まあ、それに文句を言うような人は来ないでくださいってことですよね。お料理の写真は撮り損ねました!(笑)
はるばる
2017/12/12 09:10
私の近所には、無料で散策できるような庭園はありませんから、とてもうらやましいです。ちょっと車で出かけると松原公園や、山などもあるのですが、家の周囲は住宅地になっています。
お料理、地元の食材で障害のある方も働いておられるのは、素敵な配慮ですね。
夫に言ったら「川の堤防を歩いたら」と言われましたが、風情がないですね(^^;)
はな
2017/12/15 11:17
はなさん、ありがとうございます。
はなさんのところはそれだけ都会ってことじゃないですか?
でも、確かに川の堤防では歩いても楽しみがないというか面白くないでしょうね。川の流れも毎日変わってはいるのでしょうが、大きな桃が流れてくることもないでしょうしね。(笑)
このすぐ傍にはサッカーのホームグランドビッグスワンや野球のハードオフエコスタジアムもあるんですが、それ以外はまだまだ田圃のところも多いんですよ。
はるばる
2017/12/15 11:27
障害者を雇ってくれるのは すばらしいですね。
そういう所には 積極的に行きたいと思います。
中国風の庭園は 見た事がありません。
新潟には いろいろ珍しい場所があるのですね。
新潟では 佐渡に行った事があるだけです。
あさがお
2017/12/15 12:21
あさがおさんありがとうございます。
あさがおさんのところにもこんなのありませんか?
新潟は田中角栄のおかげで中国との交流があったからでしょうかね?中国総領事館もありますし、田中角栄の生誕の地、西山には中国の記念館もあります。田中角栄記念館の隣ですからそういうつながりのせいかもしれませんね。
新潟にまたお越しになる機会があれば是非お立ち寄りください。時間が合えばご案内しますよ。
はるばる
2017/12/15 13:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
フルーツメール
新潟にもこんなところが 越後の走り屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる